ニュース

「詐欺に侵されている」- CoinMarketCapのエアドロップが仕組まれていたと主張するプロジェクトが登場

projects claim coinmarketcap airdrops were gamed banner

2つの仮想通貨プロジェクトが、CoinMarketCap(CMC)が彼らのために行ったプロモーション用エアドロップについて、少数の悪用者グループの利益のために「仕組まれていた」として、不満を表明しています。

これらのプロモーション用エアドロップは、仮想通貨プロジェクトの認知度を高めるために数千のウォレットに配布されるよう設計されていますが、トークンはほんの一握りのウォレットにしか行き渡らず、システムが操作された可能性があることを示唆しています。

SATTトークンのドロップ

ブロックチェーン広告ソリューションのSaTTは、2022年12月にCMCに支払って実施したプロモーション用エアドロップが、エアドロップされたトークンの84%がわずか21のウォレットに行き渡る結果に終わったとCointelegraphに語りました。

このプロモーションでは、2万5000の当選ウォレットがそれぞれ4000SATTを受け取ることになっており、CoinGeckoのデータによると当時は6.30ドルの価値があったといいます。

しかしSaTTは、エアドロップ配布の直後に20,953のウォレットが「自動的に21のウォレットアドレスにトークンを転送し、その数日後に保有するトークンを売却し、これら21のウォレットオーナーに約142000ドルの利益をもたらした」と主張しています。

この売却により、12月1日のエアドロップ終了から12月10日にウォレットがトークンを売却するまでの間に、SATTの価格は70%急落しました。

TokenBotトークンのドロップ

TokenBotの共同創業者であるショーン・ニューサム氏は、同社が12月9日にCMC主導でTKBトークンをエアドロップした際にも同様の経験をしたとCointelegraphに語っています。

ニューサム氏によると、CMCは3万人のエアドロップ当選者を提供したが、「何かあったときのために」エアドロップを「ずらす」ことを選んだといいます。

TokenBotは、まず4,000人の当選者に一括してトークンを送ったが、そのうち約3,300が1つのウォレットへの送金だったとニューサム氏は述べています。

ニューサム氏によると、この事件でTokenBotは約2万ドルを失い、プロジェクトは国庫からさらに流動性を配備しなければならなかったという。

「明らかに、ある人物がCMCをゲーム化する方法を見出したのです」と彼は付け加え「もし私たちが大量に送っていたら、エアドロップ全体が大惨事になっていただろう」としています。

ニューサム氏は、CMCから謝罪を受け、エアドロップを調査中で、プロジェクトの最新の当選者リストを持って戻ってくると述べました。

SaTTの調査では、2022年7月以降にCMCが実施した別の18のトークンまたはNFT(nonfungible token)エアドロップも、660万ドルに上る「詐欺に感染した」疑いがあることが分かったと主張しています。

これには、TopGoal、OwlDAO、AgeOfGodsなどのプロジェクトのエアドロップが含まれていました。

SaTTは、「詐欺」が発生した方法について、2つの可能性を説いています。

「ハッカー集団が大量の偽アカウントを(CMCのウェブサイトのエアドロップに)注入した」あるいは「実は内部の犯行だった」のいずれかであろうと。

CoinMarketCapの反論

Cointelegraphの取材に応じたCMCの広報担当者は、こうした主張の一部に言及し、SaTTが特定したプロジェクトのうち少なくとも4つはまだ報酬を分配しておらず、つまり「悪意ある」活動に直面したことは「ありえない」だろうと主張しています。

また、SaTT、AgeOfGods、TokenBotの3つのプロジェクトがCMCチームと懸念事項を話しているが、他のプロジェクトからは申し立てられた問題についての連絡を受けていないとも述べています。

しかし、広報担当者は、「ボットは、ほぼすべての業界に関わる問題である」と認めています。

「業界は以前からエアドロッププログラムの間でこの問題に直面しており、ボット問題を完全に解決できた業界は一つもないというのが現実です。」

「我々は、この問題を制限するために、我々のシステムとサービスを改善するために継続的に取り組んでおり、これらのプロジェクトと密接に協力して解決策を見つけ、現在の問題の解決を支援します」と広報担当者は付け加えました。

さらに、同社のエアドロップにボットが参加しているというクレームは「非常に真剣に 受け止め」、それぞれのケースを「個別に解決するよう取り組んでいる」と付け加えています。

また、CAPTCHAチャレンジや参加者の電子メール認証要件など、ボット参加を抑止するためにCMCが採用しているいくつかの機能も紹介されました。同社は2ファクタ認証の統合も開発中です。

CointelegraphはTopGoalとOwlDAOにコメントを求めたが、公開までに回答は得られませんでした。AgeOfGodsはコメントを得られていません。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 23,529.00 0.94%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,642.87 1.36%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.06%
  • bnbBNB (BNB) $ 323.23 1.76%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 0.999777 0.12%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.411484 0.37%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 0.999963 0.05%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.402068 0.1%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.092023 1.4%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 1.18 3.73%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。