ニュース

リップル社、SEC訴訟の渦中で新CFOを採用

ripple hires new cfo

5月4日、カリフォルニア州に本社を置くリップル・ラボ社は、投資家保護違反で訴訟を起こされている中、新しい最高財務責任者としてクリスティーナ・キャンベル氏を採用しました。

キャンベル氏は、Green Dot Corporationで銀行のシニアオフィサーを務めていました。また、カリフォルニア州を拠点とする決済・請求代行会社PayNearMeのCFOを5年間務めた後、リップル社の同職に就任しました。

クリスティーナ・キャンベル氏は、CFOとして、法廷闘争を経ながら、会社の財務戦略を担当します。

「デジタルアセット技術によって、お金の動きをめぐるシステムやインフラを再考し、改善することができます。この技術により、グローバルな金融システムをすべての人が利用できるようにすることができます。リップル社は、まだ定義されていない方法でグローバルな決済を改善するユニークな立場にあり、私はそのソリューションの一部になれることに興奮しています」と、キャンベル氏は同社のプレスリリースで述べています。

キャンベル氏を新CFOに指名した以外にも、リップル社は5月4日に元米国財務省のローザ・グマタオタオ・リオス氏を取締役の一人に任命しています。

「リップル社は、世界的に決済を促進するために、仮想通貨を実質的かつ合法的な役割で使用する方法の最良の例の一つです。ブロックチェーンとデジタルアセットは、私たちの将来のグローバルな金融システムを支えるものです。仮想通貨は【What】であり、リップルは【How】です」と、リオス氏はCNBCが報じた声明の中で述べています。

不動産金融、都市再生、経済開発の分野で30年の経験を持つリオス氏は、投資管理や公共政策における専門知識をリップル社にもたらすことを目指しています。

「この2人の優れたリーダーは、会社にとって極めて重要な時期にリップル社に加わります。ロージー(リオス)の公共部門と民間部門での経験は、特に業界が暗号の未来を定義しようとしているこの時期に、リップル社に非常に貴重な視点を提供してくれます。また、クリスティーナ(キャンベル)豊富な知識と、急速に成長している企業でのチームやプロセスの構築に成功経験を知れば、彼らを加えることは当然のことでした。私たちが国際的な急成長を続ける中で、彼らをチームに迎え入れることができ、非常に幸運です。」とリップル社CEOのガーリングハウス氏は、新メンバーについて述べています。

Ripple Labs Inc.に対する訴訟は、リップル社がそのトークンであるXRPを販売した2020年12月に、米国の証券規制当局によって行われ、13億ドル以上の資金を調達したとされています。

最新の仮想通貨ニュースと仮想通貨の更新情報はBTCポストで!

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 16,840.85 0.35%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,234.43 0.61%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.06%
  • bnbBNB (BNB) $ 285.49 0.69%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.07%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.04%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.388696 2.85%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.097516 2.18%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.312371 0.98%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 0.896687 2.06%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。