ニュース

リップルはXRP詐欺訴訟をめぐってYoutubeとの法的紛争を解決

ripple banner settles legal

RippleのCEOであるBrad Garlinghouse氏は、公式Twitterアカウントでの一連のツイートで、Youtubeとの法的紛争が正式に解決され、このソーシャルプラットフォームが暗号詐欺に参入したことを認めたと発表。

「このソーシャルプラットフォームは、暗号詐欺を容認し、ソリューションの一部である必要性を認識するという役割を認識している」と彼は指摘し、XRPフォレンジックのようなものが盗まれた仮想通貨の検出と追跡に役立つとも述べていた。

ところが、Garlinghouse氏は、この非難を主導するプラットフォームがまだ必要であると言った。

「つまり、責任の欠如という業界全体の問題が浮かび上がった。被害者はこれらの詐欺を報告するためにフープを飛び越える必要があるが、時々何の効果もない」と彼は説明した。リップルのCEOは、この議決についてもっとの情報を共有することを拒否し、機密であると表明した。

2020年4月、リップルは、Garlinghouse氏を装いた詐欺アカウントの処理を怠ったことで、YouTubeを訴えた。偽のアカウントは、少額の初期支払いを得るために、XRP賞品を提供する。ところが、これは数千のXRPの盗難につながる詐欺の宣伝であり、単一のケースにおいて最大15,000ドルに関わると報告されている。

リップルが北カリフォルニアの米国地方裁判所でYoutubeに対して提起した訴訟は、リップルがビデオプラットフォームの過失により会社の評判とブランドイメージに取り返しのつかない損害を被ったと主張した。

この仮想通貨会社は、リップルに加えられた損害の原因は、「プラットフォーム上で発生する広範囲で有害な詐欺に対処できないこと」とさえ指摘した。

Garlinghouse氏はこの問題をめぐって、Youtubeに対して法的措置を講じていると主張し、当該するビデオプラットフォームは詐欺の中心であり、詐欺師が彼の名前を使用して人々を賞品詐欺に誘わせる例を示した。

ビデオプラットフォームがリップルの商標権を侵害した詐欺師を容認したことで訴訟を提出した。

ところが、2020年11月、北カリフォルニアの裁判所は、商標権侵害の疑いでリップルラボが提出した苦情を却下するというYouTubeの申し立てを認めた。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 19,981.37 2.33%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,127.25 1.29%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.14%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 0.998055 0.32%
  • bnbBNB (BNB) $ 235.57 3.81%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 0.997295 0.15%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.320924 0.95%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.453876 0.42%
  • solanaSolana (SOL) $ 35.51 4.44%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.067081 0.98%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。