ニュース

Robinhoodが仮想通貨ウォレットを発売へ

robinhood banner image

アメリカのトレーディングプラットフォームRobinhoodは、最近、1月中に仮想通貨ウォレットを発売すると発表しました。このニュースは今週初め、同社が「1月中旬に、ウォレットのベータ段階を開始し、ウェイティングリストの数千人の顧客にロールアウトする」と発表したことによるものです。

実際のローンチに先立って、仮想通貨ウォレットは2021年9月に公開され、30日足らずでウェイティングリストは160万人の顧客を記録しました。

このローンチは、ソフトウェアが完成している可能性が高いが、いくつかのバグが含まれている可能性があることを意味するベータフェーズのみとなります。このため、同社は待望の仮想通貨ウォレットを完成させるために細かな調整を行うこともできます。

最近のアルファ版リリースでは、ウェイティングリストの中から選ばれた数名の顧客がウォレットを手にすることができ、デザインや全体的な機能性に関してフィードバックを表明しました。

顧客本位のアプローチ

アルファ版発売時にお客様がお気づきになったことのひとつに、仮想通貨市場で使用される用語や専門用語に関するウォレットの説明不足があります。このため、同社は24時間365日の電話によるカスタマーサポートを追加することを表明し、改善を促した。さらに、Robinhoodは、ユーザーの教育を助けるために、より多くの仮想通貨の記事を書くことを計画しています。

セキュリティの向上

Robinhoodがアルファ版発売時の評判を踏まえて改善を予定しているもう一つの分野は、そのセキュリティです。同社は、仮想通貨トランザクションの安全性を保つために、追加のセキュリティ機能をリリースする予定であると述べています。

彼らは、「これには、アプリ内の多要素認証が含まれるので、送金を開始するときにあなたであることがわかりますし、コインが送られる場所のリスクをよりよく理解するための取引チェックが含まれます」と付け加えました。

ウォレットアドレス

Robinhoodは、待望の仮想通貨ウォレットでウォレットアドレスがどのように機能するかについても言及しています。最近、彼らはこれに関する調査を行い、彼らの顧客の66%が彼らのトランザクションのそれぞれに単一のウォレットアドレスのみを持つことを期待していると述べ、同社はこれに対して、「これはそうではありません、各ネットワークは、オンチェーンを行うときにコインを送信および受信する異なるアドレスを持っているので、各コインは独自のウォレットアドレスを持っています」と反論しています。

ネットワークとコミッション手数料

最後に、ネットワークとコミッション手数料についても触れられました。同社はオンチェーン取引ではネットワーク手数料がかかるが、プラットフォームでは手数料を無料にすることを明言しています。

仮想通貨の最新情報については、BTC Postで確認しましょう! 

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 19,404.11 0.43%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,330.46 0.23%
  • tetherTether (USDT) $ 0.999541 0.15%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 0.998751 2.69%
  • bnbBNB (BNB) $ 283.32 0.45%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.470401 1.66%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 0.999755 0.09%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.433067 1.02%
  • solanaSolana (SOL) $ 32.95 3.67%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.061479 1.33%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。