ニュース

中央アフリカ共和国、2億1000万Sango Crypto Tokenの販売を7月下旬に開始すると発表

sango crypto commence in july africa banner image

中央アフリカ共和国(CAR)の210,000,000サンゴコインの販売は7月25日に開始され、参加投資家は少なくとも500ドル相当のトークンを購入する必要があるとのことです。投資家はサンゴコインを購入してロックする見返りとして、市民権や不動産物件の一部、メタバースでのロケーションを得ることができます。

初のデジタル通貨システム

アフリカで唯一ビットコインを法定通貨に指定している中央アフリカ共和国(CAR)は、7月25日からサンゴコインを0.10ドル相当で販売する予定です。しかし、別の報道では、7月21日に販売が開始されるとされています。

同国のデジタル通貨と称されるこの仮想通貨トークンの購入者は、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨で支払われる最低500ドルを支払う必要があります。

サンゴコインのウェブサイトに示されているように、プロジェクトに参加することに関心のある仮想通貨愛好家は、合計210,000,000トークンを利用できるようになります。CARが「ビットコイン・ブロックチェーンを利用した」初のデジタル通貨システムとして説明するものに参加する投資家は、アフリカの国の市民になる機会を持っています。

「中央アフリカ共和国のデジタルトランスフォーメーションに今日参加しませんか?ローカルとメタバースにおける最初の市民権プログラムの両方:無限の可能性の未来があなたを待っています」と、サンゴのウェブサイトのプロモーションメッセージには書かれています。

トークンの購入者には、メタバース内の区画だけでなく、不動産物件の一部も報酬として与えられます。CARはまた、トークンをロックインしたSangoコイン投資家にe-residencyステータスを与える予定です。

ビットコイン国庫

ウェブサイトでは、国の野心的な仮想通貨計画を詳述したロードマップによると、CARは通信インフラへの投資を増やすことで、インターネットの可用性とアクセス性を高めたいと考えているようです。インターネットアクセスが改善されれば、CARはビットコイン国庫の創設を進めることができるようになります。

ビットコイナーを含む批評家たちは、暗号コインの発売を疑問視していますが、サンゴのコンセプトデッキは、CARが後退していないことを表しています。それどころか、このコンセプトデッキは、CARがサンゴコインをもう一つの支払い方法として認めることを計画していることを示唆しているように見えます。

したがって、仮想通貨を使用してCARの市民になる以外に、サンゴコインの購入者は、政府から土地を購入し、税金を支払い、国の天然資源にアクセスするためにこれを使用することができるようになるのです。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 24,468.00 2.72%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,991.24 5.89%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.06%
  • bnbBNB (BNB) $ 331.74 3.57%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.07%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.561544 6.22%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.380972 1.61%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 0.999882 0.01%
  • solanaSolana (SOL) $ 46.88 9.67%
  • polkadotPolkadot (DOT) $ 9.51 3.77%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。