ニュース

米上院、「ブローカー」の範囲を修正する仮想通貨法案の修正案を否決

us senate bannermain

米国上院は、先週提案された仮想通貨インフラ法案と税の修正案に関して、決定を下すことができませんでした。税制改正案は、「ブローカー」の定義を明記し、さらなる規制を目的として、仮想通貨決済における増税を行うための最後の手段でした。

当初の仮想通貨インフラ法案は、仮想通貨決済、税金、市場の基盤を大幅に改善するために作成されました。さらに、このプロジェクトを完成させ、今後10年間にわたって支援を行うために、1兆円の予算が確保されました。

一方、先週、ロブ・ポートマン、キルステン・シネマ、シンシア・ルミス、パット・トゥーミーの各上院議員により、税制改正案が打ち出されました。

修正案の大部分は、「ブローカー」という言葉の定義の変更を含んでいました。当初の法案では、ブローカーは「(対価を得て)他の人に代わってデジタル資産の移転を実現するサービスを提供する責任を負う者」と定義されています。

しかし、仮想通貨擁護者や修正案を作成した人たちによると、マイナー、バリデーター、ハッカーも含まれる可能性があるため、この定義は広すぎるとのことです。

トゥーミー議員は、「私たちは、大規模なものや過激なものを提案しているわけではありません。(妥協案では)ブローカーとは、消費者がデジタル資産を売買する取引を行う者のみを指すことを明確にしています」と述べています。

リチャード・シェルビー上院議員は、この修正案を唯一取り下げ、関係のない問題での自分の修正案が受け入れられた場合にのみ、自分の立場を撤回すると述べました。

シェルビー議員は、別の法案で、軍事費を増やすために500億ドルを要求する修正案を作成しました。しかし、この案は上院の他の議員に撃墜されてしまいました。その結果、仮想通貨税の修正案に対するシェルビー議員の立場は変わりませんでした。

この反対意見に対し、トゥーミー議員は決定されたことへの心配を表明し、「ここに問題があることに異論を唱える人はいません。我々は、これらの人々に持っていない情報の提供を求めることになります。防ぐことができたはずの混乱の後始末をしなければなりません」と話しています。

1週間以上にわたる議論の末、上院のメンバーはインフラ法案の基本的な内容に関して合意に達することができ、そのままの形で可決することを決定しました。

CoinDeskによると、上院はこの法案を今年の秋に審議する下院に渡したとのことです。

BTC Postでは、最新の仮想通貨ニュースや最新情報をお届けします!

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 17,262.72 2.66%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,285.08 4.24%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.02%
  • bnbBNB (BNB) $ 289.97 2.22%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.02%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.01%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.393340 2.65%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.098608 3.03%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.315739 2.1%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 0.925737 4.17%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。