ニュース

Signal社が仮想通貨とMOBでの決済に対応を開始

signal supports crypto banner image

人気のオンラインメッセージングアプリSignalは、2022年1月第1週に新しいアップデートを展開し、ユーザーがアプリ内で仮想通貨を支払い方法として利用できるようになりました。MobileCoin(MOB)はこの新しいロールアウトで仮想通貨のパートナーとして選ばれ、仮想通貨ウォレットを介してユーザーのSignalアカウントにリンクできるようになりました。

現時点では、Androidの5.27.8バージョンとiOSの5.26.3バージョンを持っているユーザーにアップデートが提供されています。このアップデートにより、ユーザーはMOBを使用している限り、簡単に支払いを送受信することができるようになります。さらに、仮想通貨を使用してアプリで取引することで、不換紙幣を使用する場合と比較して、より速い取引速度を誇っています。

アメリカを拠点とする文化・政治・技術雑誌「Wired」が行った報告によると、Signalは当初、昨年2021年に英国でこの機能をベータ運用としてリリースする予定でした。これはデジタル資産の利用がどうなるかを把握するためでしたが、結局、2022年に全世界のSignalユーザー向けにアップデートをリリースすることになったといいます。

昨年1月6日にMobileCoinのプラットフォームで公開されたプレスリリースで、CEO兼創業者のJoshua Goldbard氏は、MOBの可能性と、なぜそれがSignalのようなアプリにとって有益なのかについて、「今、地球上には1億台以上のデバイスがあり、MobileCoinをオンにして5秒以内にエンドツーエンドの暗号化された支払いを送ることができる」と述べています。。

ユーザーは、アプリの「支払い」オプションの下に新しいアップデートを見つけることができます。これはまだベータ機能として表示されており、永久的かつ完全に開発されたものではありませんが、アカウント保有者はすでに使用することができることを意味します。取引プラットフォームでMOBを取得した後、その資金はウォレットに転送され、ユーザーのSignalアカウントにリンクされて個人的に使用されることになります。

MobileCoinは昨年2020年の12月に初めて仮想通貨市場で利用可能になり、それ以来、その価値と人気は着実に上昇しています。このデジタル通貨は現在、9.3097米ドルの価格と6億9000万米ドルの時価総額を保持しています。

一方、Signalは、2014年7月の最初のリリース以来、存在しています。このアプリは、オンラインメッセージ、通話、グループメッセージ、ファイル共有、ボイスメモなどの機能をサポートしています。

このアプリが最近発表した、支払い方法としてMOBを受け入れることは、大胆な動きとみなされています。というのも、WhatsAppの主なライバルとされているSignalは、昨年2021年に仮想通貨を受け入れる動きも見せているからです。BTC Postでは、最新の仮想通貨ニュースとアップデートをお届けします!

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 19,402.30 0.69%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,327.40 0.62%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.03%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.01%
  • bnbBNB (BNB) $ 284.21 0.14%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.476680 0.69%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 0.999453 0.31%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.434376 0.92%
  • solanaSolana (SOL) $ 32.96 2.95%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.062804 3.78%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。