ニュース

シルバーゲート銀行の5億8600万ドルの記録的な暗号預金の受け取り

news 6 banner

連邦準備制度のメンバーであるシルバーゲート銀行は、ビットコイン会社に銀行口座を開設させた最初の銀行の1つとしてリスクを冒した後、暗号通貨預金の新記録で報酬を獲得しています。

2020年10月26日に発表された決算発表によると、2020年の第3四半期に5億8600万米ドル相当の暗号預金が記録されました。これにより、カリフォルニア州ラホーヤに本拠を置く銀行の暗号資産の合計は2020年9月30日時点で21億米ドルになります。

この記録は、2020年6月30日時点の15億米ドルに比べて大幅に増加しています。2017年第4四半期の記録的な8.35億ドルの暗号ビジテス総額を達して以来、これほど高い水準に達したことが無かった。

さらに、この四半期は、928人のデジタル通貨の顧客が銀行の収益を330万ドルにした。それとは対象的に、2020年の第2四半期が240万ドル、2019年の第3四半期が160万ドルでした。とは言え、銀行は資産を物理的に管理していません。

銀行がステーブルコインやその他の仮想資産を管理できるよう規制が変更された後、暗号通貨のニュースは、ブロックチェーンベースの資産への関心が着実に高まっていることを明らかにしています。

「銀行のインフラストラクチャは、非常にデジタル化された世界で成功するための基盤をシルバーゲートに提供しました。拡大する多くの機会を考えると、さらなる成長のための十分な滑走路が見られます」とシルバーゲートのCEOであるアランレーン氏はインタビューで語りました。

さらに、銀行はシルバーゲートエクスチェンジ ネットワーク (SEN)と呼ばれる一元化されたサービスを提供しています。それは顧客が暗号市場を裁定するために必要な迅速な購入をすることを可能にします。SENのパイロットテスト中に、合計3550万米ドルのクレジットラインが銀行によって承認されました。

「Fedのゼロ金利政策は多くの人にとって逆風となるでしょうが、シルバーゲートはSENに刺激的な成長エンジンを持っています」とレーン氏は述べています。「より多くのフィンテック企業や企業財務省がビットコインへの投資を発表するにつれて、エコシステム全体が拡大し続けると信じています」。

BTCポストをご閲覧なさるとき、より多くの暗号通貨のニュースとアップデートをご調べてみてください。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 21,226.00 0.45%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,217.70 1.65%
  • tetherTether (USDT) $ 0.999992 0.04%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 0.999037 0.27%
  • bnbBNB (BNB) $ 237.47 1.76%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.362953 1.28%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 0.996224 0.7%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.503877 3.63%
  • solanaSolana (SOL) $ 40.16 0.35%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.073405 10.26%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。