ニュース

シンガポールで仮想通貨企業や取引所を規制する法律が成立

singapore passes law crypto banner image

2022年4月5日(火)-シンガポール議会は、市内にあるすべての取引所と海外で活動する企業に同国政府によるライセンスを義務付ける仮想通貨法を可決しました。

仮想通貨企業に課されるこの新しい規制は、金融サービス・市場法に含まれており、その仮想通貨規制機関であるシンガポール金融管理局の管轄を強化するものです。現時点では、これは取引所とデジタル資産企業にライセンスを提供することを許可されている唯一の規制機関です。

ブルームバーグが投稿したレポートでは、マネーロンダリングと金融テロ対策に関する規則の強化は、シンガポールの大規模な暗号の導入に向けた一歩です。 

取引所に関する規制とは別に、シンガポール議会で可決された法律には、プラットフォームがサイバー攻撃や提供するサービスに何らかの障害が発生した場合、金融機関、特に暗号企業に対して73万7050米ドルの高い最高刑の実施も含まれています。

過去、シンガポールの仮想通貨業界は、アンチマネーロンダリングやテロ資金調達に関する規制が甘くされていました。仮想通貨金融機関に関する新たな規制は、デジタル資産プラットフォームや企業が公共スペースや主流メディアで暗号広告を出すことを制限することを目的としています。

シンガポール金融管理局によって設定されたこれらのガイドラインは、同国の中央銀行が言及したように、デジタル資産の取引の高いリスクを矮小化する仮想通貨企業を阻止するために、1月中旬に発表されました。

Business Today Indiaのレポートによると、これらの規制条項は、Web3イノベーションのハブになるという都市国家の目的と矛盾すると解釈される可能性があるそうです。同国のこれまでの寛容さは、スタートアップ企業やベンチャーキャピタル、その他Web3空間の開発に携わる企業を誘致するために行われたものでした。

仮想通貨産業を取り巻く新たな規制の高まりに伴い、シンガポール政府はデジタル資産の導入に慎重な姿勢を示していると、ニュースサイトでは再三にわたって指摘されています。

しかし、仮想通貨サービスプロバイダに対する規制強化は、中国による仮想通貨使用禁止の反動と比較すると、仮想通貨経済を長期的に受け入れるための前進と言えます。 暗号資産に対するシンガポールの姿勢に関するより多くの仮想通貨ニュースや仮想通貨の最新情報を知るには、BTC Postで確認してください!

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 17,211.96 2.23%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,280.02 3.72%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.03%
  • bnbBNB (BNB) $ 289.29 1.9%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.11%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 0.999996 0.11%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.391774 1.96%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.098192 2.17%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.314725 1.89%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 0.927452 4.38%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。