ニュース

イカゲームをモチーフにしたトークンが2,400%増加

squid game crypto banner

番組「イカゲーム」にインスパイアされた新しい仮想通貨トークン「SQUID」が、先週の金曜日(2021年10月29日)に最大で2,400%の値上がりを記録しました。このトークンは、10月20日にプレセールを開始し、1秒で完売しました。

10月26日(火)には1セントとなり、現在は2.22ドル(1.92ユーロ)となっています。時価総額については、現在1億7400万ドル以上と記録されています。

SQUIDは、番組で見られたものをエミュレートした一連のゲームを含む、仮想通貨プレイ・トゥ・アーン(Play-to-Earn)プラットフォーム、Squid Game projectの独占トークンです。同じ名前を持っていますが、開発者は、Netflixの番組とは一切関係がないと述べています。また、番組とは異なり、彼らのゲームには致命的な結果をもたらすものではないと、同社は冗談めかして述べています。

 プレイヤーは、一定額のSQUIDを支払って参加すると、より多くのトークンを獲得するチャンスがあります。一部のラウンドでは、NFT(ノンファンジブル・トークン)を購入する必要もあります。NFTには、ピンクのスーツを着た警備員など、番組に登場するキャラクターが描かれています。

ゲームは全部で6ラウンドあり、ラウンドごとに入場料が高くなっていきます。最後のレベルでは、プレイヤーは15,000 SQUIDトークン(28,933.41ユーロ相当)を支払う必要があります。それに加えて、カスタムメイドのNFTを購入しなければなりません。

1つのゲームに参加するプレイヤーが多ければ多いほど、賞金総額は高くなります。ゲームで集められた入場料のうち、90%は賞金プールに、10%はプラットフォームの開発者に与えられるといいます。

「SQUID」にはすでに多くの人が投資していますが、待望の大会が開催されるのは11月に入ってからです。

トーナメント以外にも、Squid Gameプラットフォームでは、番組にちなんだ「Marbles Pools」という形で、投資家がステークスを通じてSQUIDを獲得することができます。これにより、保有者は保有する仮想通貨を保険として出し、受動的な収入を得ることができます。

現在、同社が直面している問題のひとつに、複数のユーザーから、トークンの分散型取引所であるPancakeSwapで資産を売却できなかったという報告がありました。

なぜこのようなことが起きているのかはまだはっきりしていませんが、一部のユーザーは、このプラットフォームがアンチダンピング技術を使用していることと関係があると考えています。アンチダンピングは、市場で買われるコインが十分でない場合に、保有者の資産を転売する能力を制限するものです。 しかし、この問題の本当の理由を説明する開発者の公式声明はまだありません。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 53,565.00 3.97%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 3,145.78 2.9%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0%
  • bnbBNB (BNB) $ 396.95 2.84%
  • solanaSolana (SOL) $ 109.79 6.64%
  • staked-etherLido Staked Ether (STETH) $ 3,147.93 3.1%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.546980 0.65%
  • usd-coinUSDC (USDC) $ 0.999714 0.01%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.611375 4.62%
  • avalanche-2Avalanche (AVAX) $ 38.97 5.91%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。