ニュース

Strike、米国在住のユーザー向けに新しいBTC給与支払い機能を提供開始

strike btc payroll banner

決済処理プラットフォームのStrikeは、給与からBitcoinへの変換を可能にする拡張サービスを提供しています。この新機能により、受取人は給与の一部または全部をBTCで自分の仮想通貨ウォレットに入金することができ、不要な取引や変換を省くことができます。

「Pay Me in Bitcoin」と呼ばれるこの機能は、Strikeプラットフォームと仮想通貨ウォレットで利用可能です。ユーザーは、これらのアカウントに登録するだけで、この新機能を利用することができます。さらに、取引手数料はゼロで、従業員が給与を不換紙幣で受け取り、手動で仮想通貨に変換する手間を省くことができます。

StrikeのCEOであるJack Mallers氏も、10月14日に発行された記事でBitcoin Magazineと対談し、新サービスへの期待を述べています。

「特別な会社で働く必要はありませんし、ビットコインが好きだと上司を説得する必要もありませんし、CFOにビットコインを貸借対照表に載せてくれと口うるさく言う必要もありません。必要なのは、Strikeのアカウント情報を共有し、Pay Me in Bitcoinのスプリットを設定することだけです」とMallers氏は付け加えています。

この新機能は、受け取る側の変換プロセスを容易にすることを目的としていますが、雇用者側が対応する必要もありません。数え切れないほどの企業が、まだビットコインを給与としてサポートすることに踏み切れずにいます。その代わりに、それに関心のある投資家は、Strikeのウォレットや個人のアカウントで個別に行うことができます。

Strikeは最近、エルサルバドルがビットコインを法定通貨として採用するための重要なプレーヤーの一人であることで注目を集めています。今回の新しい給与計算機能の開発は、彼らの決済プランとサービスの新たな一歩となります。

しかし、この機能を提供するプラットフォームはStrikeが初めてではありません。Coinbaseも9月28日に同様の発表を行い、給与をCoinbaseプラットフォームに直接入金できるようになりました。

Strikeが参加した他の動きとしては、Twitterのビットコインチップ機能や、エルサルバドルでビットコインが法定通貨として採用されたことなどが挙げられます。

BTC Postでは、最新の仮想通貨ニュースや最新情報をお届けしています。 

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 19,461.19 2.48%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,061.36 5.28%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.27%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.18%
  • bnbBNB (BNB) $ 213.26 2.41%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.01%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.319942 2.58%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.450332 2.99%
  • solanaSolana (SOL) $ 31.89 8.16%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.065442 1.22%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。