ニュース

Telegram関連のTON財団が仮想通貨ストレージ市場に参入

telegram related ton foundation enters crypto storage market banner

Telegram Messengerの創設者が考案したプルーフ・オブ・ステーク・ブロックチェーンのTON財団は、TON Storageというデータストレージのエコシステムを開始します。

このプロジェクトは、ユーザーがあらゆるサイズのファイルを交換できるようにする一方で、ユーザーのためにファイルをホストするノードオペレーターに金銭的インセンティブを与えることを目的としていると、TON財団はCoinDeskへの声明の中で述べています。

「ノードオペレーターとユーザーがTONブロックチェーン上でスマートコントラクトを作成し、ユーザーがあらかじめ決められた時間、ファイルを保存するためにToncoinで固定額を支払うことを保証します。」と声明は述べています。これにより、ユーザーは「実質的に永久に」データを保存できるようになる、と声明は付け加えています。

ノードとは、ブロックチェーンのソフトウェアを実行し、ネットワーク上の取引の完全な履歴を検証・保存するコンピュータの1つです。

仕組み

Ton Storageは、TONブロックチェーンを使用したピアツーピアのファイル共有システムのように動作します。ファイルストレージを分散化する試みとして、TONサイトは、集中管理されたウェブサーバーを必要とせず、TONストレージ上でホストすることが可能です。

TON Storageがピアツーピアのファイル共有と連携し、従来のtorrent(インターネット上の分散した場所間でファイルを保存する方法)に類似しているため、ユーザーはあらゆるサイズのファイルを安全に交換でき、すべてのデータが安全にバックアップされ暗号化されることが保証されています。

しかし、これまでtorrentでは、ユーザーのデータを保存するインセンティブがあまりなく、ファイルの保存期間も保証されていませんでした。TON Storageは、ユーザーがノードオペレーターになってファイルをホストするインセンティブを提供することで、この状況を変えることを目指しています。

「TONストレージの開発者は、「誰でもTONネットワーク上のノードオペレータになり、ファイルをホストすることで他のユーザから支払いを受けることができる。」この新しい製品のアクセス可能性は、新しい独立したユーザーがTONネットワークに参加する動機付けとなり、TONエコシステムのさらなる成長に貢献します。」

この動きは、Filecoin(FIL)、Storj(STORJ)、Internet Computer Protocol(ICP)などの同様の分散型ファイルストレージトークンにとって、トレーダーが記録的なレベルでロングポジションを清算したため、数週間の荒波を経た後に行われたものです。

ストレージコインを売っていたトレーダーは、膨大な(そして増え続ける)ストレージ容量を持ちながら、明らかなユースケースがないこのプロトコルの実用性に疑問を抱いているのかもしれない。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 56,494.00 5.74%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 3,218.08 1.98%
  • tetherTether (USDT) $ 0.997372 0.68%
  • bnbBNB (BNB) $ 391.37 1.71%
  • solanaSolana (SOL) $ 106.30 1.02%
  • staked-etherLido Staked Ether (STETH) $ 3,215.15 1.99%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.562146 3.25%
  • usd-coinUSDC (USDC) $ 0.998164 0.13%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.612277 0.47%
  • avalanche-2Avalanche (AVAX) $ 38.54 0.43%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。