ニュース

Telegramのユーザー、プラットフォームを通じて仮想通貨を取引できるようになる

Telegram Banner Image Main 1160x720

Telegram Open Network blockchain(TON)は26日に公開したTwitterの投稿で、ユーザーがTelegramのチャット内で直接Toncoin(TON)を送信できるようになったと発表しました。@ton_blockchainはTwitterの投稿で、「Telegramユーザーなら誰でも取引手数料なしでToncoinを送れる新しい方法です。このサービスを使えば、長いウォレットアドレスを入力したり、確認を待ったりする必要がなくなります」としています。

TON Foundationは28日、CoinDeskに対し、「(Telegramの仮想通貨)機能が消費者向けビジネス決済に拡大し、Telegramアプリのボットを介してTONを送ることで簡単に商品やサービスを取得できるようになると予想している」と述べています。現在のところ、ユーザーはアプリ内でしかTONを送ることができません。しかし、ユーザーは@walletボットを使ってビットコイン(BTC)を購入することができます。

同じCoinDeskによる報道の中で、TON Foundationは、この仮想通貨機能の目的は、TONを送ることを他のユーザーに「SMSメッセージを送る」ように感じさせることであると話しています。これは、80万以上のTelegramアカウントがすでにTONサービスを使用していることから、成功することが証明されています。

このTelegram内の仮想通貨取引機能は2017年に初めて導入され、Lightspeed Capital、Benchmark、その他複数のロシアの投資家が支援していました。しかし、Telegramの財団が発売前に17億ドルの早期売却を登録しなかったため、証券法違反が生じ、米国の裁判所はTONの開発を継続することを不可能にしたのです。17億ドルの資金は、2018年に行われたTelegramのICO前のオファーで調達されたものです。 

しかし、2020年5月13日、TelegramのCEO兼共同創業者のPavel Durovは、Telegram Open Network(TON)ブロックチェーンはまだ開発中で、SECとの問題後もTelegramがそのコンセプトを完全に放棄したわけではない、とTelegramの記事を発表しました。Durov氏は「自分たちが作った技術が生きていて、進化していることを誇りに思う。スケーラビリティとスピードに関して言えば、TONはブロックチェーンの分野でまだ何年も先を行っています」と述べています。

2020年8月、Telegramは米国証券取引委員会(SEC)に対する訴訟に直面し、敗訴したため、TON暗号プロジェクトは放棄されました。しかし、Telegramの開発者はこのアイデアを維持し、tonをOpen Networkと改名する一方、GramコインをToncoinと改名しました。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 19,383.77 1.33%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,066.27 3.17%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.03%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.24%
  • bnbBNB (BNB) $ 216.67 1.11%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.22%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.448225 0.02%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.312662 0.85%
  • solanaSolana (SOL) $ 32.68 1.44%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.066339 1.57%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。