ニュース

タイの仮想通貨マイニングが中国の取り締まり直後に上昇

thailan crypto banner image

2021年9月までに、すべての仮想通貨取引は中国政府によって違法とみなされたため、全国ですべての業務が停止されました。しかし、近隣のアジア諸国であるタイは、異なるアプローチをとり、仮想通貨マイニング事業を後押ししました。

Pongsakorn Tongtaveenan氏を含むタイの起業家たちは、これを機に中国の仮想通貨企業から余剰のコンピュータプロセッサを売買するようになったのです。これらのコンポーネントは、東南アジアの国に出荷されました。

起業家たちによると、複雑な数学的問題を解決するために必要なハードウェアは、取り締まりの中で劇的に値下がりしたそうです。

「中国のマイニング業者はマシンを処分し、価格は30%下落した」とPongsakorn氏はAl Jazeeraに語っています。

取り締まりの中、多くのマイニング事業者がデジタル資産に友好的な規制のある国に新たな拠点を求めました。米国に拠点を移したところもあれば、マレーシア、ロシア、カザフスタンに移したところもあります。

しかし、小規模のマイニング業者は、中国政府を恐れて、損切りすることを選択しました。これらのマイニング機械は売却され、Pongsakorn氏のようなタイの起業家がこの状況を利用する機会を得たのです。

この起業家は、タイの仮想通貨マイニング初心者が昨年9月の出来事を利用し始めたため、国内で数百台を販売することに成功しました。彼は、仮想通貨マイニングシステム、特にBitmain Antminer SJ19 Proを中国から輸送しました。

Pongsakorn氏は、「現在、タイのマイナーは約10万人います」と述べています。

このように国内で仮想通貨の小売マイニングの人気が高まっているのは、世界がパンデミックに悩まされる中、より安定した収入を求める人々が引き金になったと、同氏は言います。

また、ビットコインをはじめとする仮想通貨が商品やサービスの支払いとして主流となる中、投資家はデジタル資産の将来について楽観的になっていると考えています。

「ビットコインはデジタル世界の金です。しかし、マイニングリグは金鉱株のようなもので、金の価格に応じて配当が支払われる」とも述べています。

Aljazeeraが報じた無名の情報筋によると、マイニング業者は最初に約3万米ドルでマイニング装置を設置し、わずか3カ月ですべての資金を回収することができます。

タイでの仮想通貨活動の成功に伴い、タイ当局は現在、勃興する業界に対する新しい規則の制定を検討しています。

タイ銀行(BoT)のSethaput Suthiwartnareput総裁は、Bangkok Postのインタビューに応じ、「金融イノベーションの許容とリスク管理の適切なバランスを確保したい」と述べています。

中央銀行は、タイ証券取引委員会および財務省と緊密に連携し、暗号業界に特化した規制を起草しています。セタプット氏はまた、デジタル資産が投資としての可能性を持っていても、そのボラティリティが金融システムを危険にさらす可能性があると強調しました。

BTC総裁によると、これらの新しい規則は、暗号の主流のブームの中で、消費者と将来の金融証券に十分な保護措置を提供することになるという。

中国の仮想通貨禁止は別として、仮想通貨取引の増加は、主流派のブームによってもたらされたものです。タイの地元仮想通貨取引所は、2020年の5億3800万米ドルから2021年末には660万米ドルに急増しました。BTC Postでは、最新の仮想通貨とブロックチェーンのニュースをお届けしています!

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 17,209.14 2.28%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,281.87 4.33%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.01%
  • bnbBNB (BNB) $ 290.07 2.32%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.04%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 0.999679 0.04%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.392199 0.95%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.098495 2.53%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.314369 1.67%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 0.925077 3.93%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。