ニュース

ワイオミング州、Ripple Labsを地元企業に登録

xrp state wyoming

Ripple Labsは現在、 「Ripple Markets WY LLC」 という名称でワイオミング州のローカルビジネスとして登録されている。ワイオミング州務長官のウェブサイトの公式記録によると、リップルマーケッツはシャイアンを拠点とする活発なビジネスである。同社が最初にXRPを申請したのは2020年2月11日で、それ以前には米証券取引委員会 (SEC) がRipple Labsと同社の最高経営責任者 (CEO) Brad Garlinghouse、および共同創設者Chris Larsenに対し、XRPをセキュリティとして登録せずに配布したとして訴訟を起こしていた。

デジタル銀行Avanti Bank&TrustのファウンダーでCEOのCaitlin LongがTwitterでRippleの動きについて、「#[email protected]へようこそ!」を発表した。また、ワイオミング州の国務長官のウェブサイトにも公式記録のスナップ写真を掲載された。

同じツイートの中で、Bitcoinの長年の支持者は、米国のデラウェア州に比べると、ワイオミング州は仮想通貨企業にとって快適だと宣伝した。

「暗号化に配慮した法律のおかげで、デラウェア州よりもワイオミング州の方が居住地として適していることを認識する暗号化企業が増えている」 と、ワイオミング州のブロックチェーン、金融技術、デジタル・イノベーションに関する特別委員会の委員長でもあるLongは付け加えた。

しかし、ワイオミング州務長官のサイトの公式記録によると、リップルの本社はカリフォルニア州サンフランシスコにある。

ワイオミングはデジタル資産企業の 「避難地」

Ripple以外にも、交換サイトのKrakenやCardanoの研究部門であるInput-Output Hongkong (IOHK) など、他の仮想通貨企業が西部地域に新規事業を立ち上げた。

2020年9月、Kraken はワイオミング州銀行局の承認を得てKraken 銀行を設立した。この銀行は現在、世界初の特別目的預託機関 (SPDI) だ。州の認可を受けて、サンフランシスコに拠点を置く暗号取引所は、預金や保管資産を受け取ることができるデジタル資産銀行として運営するための認可を受けた。

同時にワイオミング州銀行局もAvanti に融資許可を与え、 「Avit」 と呼ばれるトークン化された米ドルで暗号化された銀行として営業することを認めた。

州政府がAvantiを迅速に承認したことは、デジタル資産に関連する企業に対する強固な規制を証明し、暗号化ビジネスの 「避難所」 としての地位を強化した。

「ワイオミングの規制当局は、監督および規制監視プログラムをほぼ実施している唯一の銀行規制当局だ。他のすべての州と[通貨監督局]は、デジタル資産活動に従事する銀行を監督する準備がまだできていない」とLong は暗号ニュースサイトCointelegraphのインタビューで詳しく述べた。

仮想通貨に関する最新のニュースとアップデートについては、BTC Postをご参照ください。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 17,262.72 2.66%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,285.08 4.24%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.02%
  • bnbBNB (BNB) $ 289.97 2.22%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.02%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.01%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.393340 2.65%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.098608 3.03%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.315739 2.1%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 0.925737 4.17%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。