ニュース

ウクライナ、トレーダー保護のために仮想通貨を合法化

ukraine bitcoin law

9月8日に行われた仮想資産法案の第2読会で、ウクライナ議会がほぼ全会一致で決定したことにより、ウクライナは仮想通貨を合法化・規制する5番目の国となりました。この法案は、2020年にすでに進行しており、合計276名の議員が賛成し、反対はわずか6名でした。

ウクライナの法案によると、この法律は「ウクライナにおける仮想資産の回転に関連して生じる法的関係、仮想資産市場の参加者の権利と義務、仮想資産の分野における国家政策の原則を定義する」ことのみを規制します。

この法律は、デジタル通貨の所有者や交換プラットフォームを詐欺から守ることを目的としています。さらに、今回承認された法案は、近い将来、潜在的な投資家やビジネス取引のために仮想通貨市場を開放するというウクライナの計画にとって極めて重要なものとなります。

「特に、専門的な法律の採用は、外国の取引所のウクライナ市場への誘致を刺激することになるでしょう。これは、ウクライナにおける仮想通貨領域のさらなる発展のための強力なインセンティブとなるでしょう」と、Oleksander Bornyakov副大臣はDecryptと共有したプレスリリースで述べています。

しかし、ウクライナは、エルサルバドルのようにビットコインを法定通貨として採用することはありません。この法案は、ビットコインをウクライナの国家通貨であるグリブナと同等にすることを目的としたものではなく、ウクライナ人が仮想通貨を支払い手段として使用することを妨げるものです。

法案が署名される前は、ウクライナの仮想通貨市場は、それを定義する特定の法律がないため、常に合法でも禁止でもありませんでした。

これまでウクライナの法執行機関は、デジタル資産を別の形の「詐欺」とみなし、確かな証拠もないのに仮想通貨関連のビジネスに対して家宅捜索を行ってきました。

そのため、仮想通貨関連事業者は、当局の摘発を避けるために海外に移転したり、秘密裏に事業を行ったりしていました。しかし、この新しい法律により、根拠のない家宅捜索が減ることが期待されています。

デジタルトランスフォーメーション大臣のMykhailo Fedorov氏によると、この法律によってこの懸念は解消されるとのことです。さらに、「有利な条件により、企業は海外ではなくウクライナで登録することができるようになります」と述べています。起業家は予算に税金を納めることになりますが、国家によって保護されることになります』と述べています。

最新の仮想通貨ニュースと仮想通貨の最新情報は、このBTC Postでお届けします!

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 17,262.72 2.66%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,285.08 4.24%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.02%
  • bnbBNB (BNB) $ 289.97 2.22%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.02%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.01%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.393340 2.65%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.098608 3.03%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.315739 2.1%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 0.925737 4.17%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。