ニュース

比UnionBank、仮想通貨保管サービスにおいてMetacoと提携

unionbank banner image main

東南アジアの金融機関であるUnionBank of the Philippines(UB)は、デジタル資産の保護、取引、管理に使用されるエンタープライズ仮想通貨プラットフォーム「Metaco」と提携しました。

同行によると、デジタル資産管理サービスにIBMクラウドを活用することを目指しており、フィリピンでこのサービスを提供するのは初めてといいます。これにより、UBは同国の顧客に仮想通貨管理・保管サービスを提供することができるようになります。

前述の銀行の上級副社長であるHenry Aguda氏は、Metacoとのパートナーシップは、新興技術とイノベーションによる顧客中心主義という共通のビジョンを追求するものであると述べています。

「私たちは有意義で持続可能な改革を行う情熱を持っています。私たちはMetacoのような戦略的パートナーを大切にし、共通のビジョンを追求するために有意義な提携を行うのです」と同氏は述べました。

MetacoおよびIBMとの提携は、UBがその54年の歴史の中で実施した最初の仮想通貨関連の決定ではありません。2019年、フィリピンを拠点とする同銀行は、顧客がビットコインを購入したり、デジタル資産を不換紙幣に変換したりできる双方向仮想通貨ATMを展開しました。

また、54年の歴史を持つこの銀行は、フィリピン政府と提携し、ブロックチェーン技術を導入して国庫債券を管理することに成功しました。このサービスは、2020年のパンデミックの最盛期頃に個人投資家をターゲットにしたものです。

IBMクラウドに完全に統合されたデジタル資産オーケストレーションシステムHarmoniseを持つMetacoとの最近の提携により、UBはデジタル資産を含むサービスを拡大できる東南アジアの伝統的な金融銀行の1つとなっています。

また、UBは、米国政府が使用する最高レベルのセキュリティ基準であるFIPS 140-2レベル4認証による鍵の管理・移行管理により、顧客のデジタル資産の保証性を向上させることができるようになりました。

Metaco Harmoniseシステムは、デジタル資産取引の管理にとどまらず、UBのような金融機関がトークン化やスマートコントラクト管理を含む分散型金融(DeFi)活動に参加する際にも役立つからです。

Metacoは2021年3月頃、米国のハイテク複合企業と提携し、IBMクラウドを通じてデジタル資産管理システムを展開しました。これにより、顧客が秘密鍵を単独で管理できる「Keep Your Own Key」またはKYOK方式を利用した適切な暗号化を同社に提供しています。

東南アジアのブロックチェーン最適化および仮想通貨の最新情報については、BTC Postでご確認ください!

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 16,818.05 0.05%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,232.34 0.22%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.04%
  • bnbBNB (BNB) $ 284.60 0.2%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.03%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.387254 2.04%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.096297 0.04%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.310418 0.15%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 0.891621 0.62%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。