ニュース

米銀、116億ドルの仮想通貨引き出しで損失と人員削減に見舞われる

us bank suffers losses and job cuts after billions in crypto withdrawals banner

米国のある銀行が、80億米ドル(約116億円)相当の仮想通貨が顧客から引き出されたことで、資産の売却と人員削減を余儀なくされました。

仮想通貨サービスを提供する銀行、シルバーゲートは、昨年末のわずか3カ月間で巨額の仮想通貨が持ち出されたことを明らかにしました。

その結果、突然の資金引き揚げをカバーし、取引を継続するために、一部7億1800万米ドル(約10億4000万円)の損失を含む52億米ドル(約75億円)の資産売却を余儀なくされました。

米国の調査会社Federal Financial AnalyticsのマネージングパートナーであるKaren Petrou氏は、同行の経験を「前例がない」「異常」だと表現しました。

「彼らは仮想通貨の資金に依存していたため、そのその属が危ぶまれました。仮想通貨市場が不安定であることを考えると、彼らはそれを得た」と彼女はブルームバーグに語った。

シルバーゲートはニューヨーク証券取引所に上場しており、金融サービス部門の中で規制されているが、その暴露は2021年末から90%株価が急落する一因となった。

また、アナリストが、同銀行はさらに多くの人々が資金を引き出すことに直面する可能性があると警告した後、同社の株価は金曜日に14%下落した。

同銀行は約119億米ドル(約173億円)の仮想通貨を保有していたが、第4四半期までに38億米ドル(約55億円)まで急落した。

シルバーゲートはまた、従業員を40%削減し、約200人を解雇したことも明らかにしました。

これは、米国の3つの規制当局が、暗号の発行や保有は「安全かつ健全な銀行業務と矛盾する可能性が高い」と銀行に警告したことを受けてのことです。

シルバーゲートの80億ドル(116億円)という巨額の暗号引き出しは、昨年11月に最大の取引所の1つであるFTXが見事な崩壊に見舞われたことを受けたものです。

かつて320億米ドル(460億円)もの価値があった取引所が破綻し、仮想通貨界を揺るがしました。他の事業者も破綻し、デジタルコインの価値が急落するというドミノ効果を生みました。

FTXの元ボス、サム・バンクマン=フリートは、顧客や投資家をだましたという容疑に対して無罪を主張し、検察は100万人もの債権者が資金を失った可能性があると指摘した。

シルバーゲート最高経営責任者のアラン・レーン氏は、顧客がよりリスクの低いオプションに移行するために暗号預金を引き出したと述べ、預金の1億5000万米ドル(2億1700万ドル)が破産手続きに直面している顧客によって引き出されたことを明らかにした。

「我々は、時には6〜8年間、お互いに取引していた自己勘定トレーダー、マーケットメーカーのクライアントを持っていた」と、同社社長、ベン・レイノルズ氏は付け加えました。「彼らは互いに取引をやめ、実質的にすべての預金を引き出してしまったのです」。

シルバーゲートは2019年まで米国の小さな銀行だったが、仮想通貨ゲームに参入し、2021年の市場のピーク時には1500パーセントも株価が急騰した。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 23,507.00 1.71%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,639.90 2%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.02%
  • bnbBNB (BNB) $ 320.62 0.46%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.1%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.409465 1.35%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.03%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.399318 2.48%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.091209 3.7%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 1.18 3.61%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。