ニュース

米国が中国に代わってビットコインのマイニング量世界トップに

usa bitcoin miner top

イギリスのケンブリッジ・センター・フォー・オルタナティブ・ファイナンスが10月13日に発表したデータによると、中国が厳格な規制で仮想通貨のマイニングを事実上排除した後、アメリカが世界最大のビットコイン・マイニングの供給源となりました。

世界のハッシュレート(ビットコインのマイニングに必要な計算能力)に占めるアメリカの割合は、8月末までに17%から35%に増加し、2020年9月から428%の増加を記録しました。

アメリカでの仮想通貨生産の急増は、中国が金融リスクと環境リスクを抑制するために、あらゆる仮想通貨関連活動の取り締まりを強化していることが背景にあります。現在、中国の世界のハッシュレートは5月から7月にかけて44%からゼロに落ち込み、同国の仮想通貨生産量はゼロになっています。

その結果、マイナーは、安価なエネルギー源と仮想通貨に優しい政府を求めて中国を脱出し始め、「マイニング大移動」と呼ばれるようになりました。テキサス州は米国で最も電気代が安いため、何人かのマイナーがテキサス州にたどり着きました。

米国内での仮想通貨マイニングの急増を受けて、米国のマギー・ハッサン上院議員(民主党)とジョニ・アーンスト上院議員(共和党)は、外国の仮想通貨マイニングを追跡することを目的とした新しい法案を提出しました。

この法案は、財務省、司法長官、米国通商代表部、国家情報長官室、連邦準備制度理事会のメンバーに対し、2016年から2022年の間にどれだけの仮想通貨がマイニングされたかを監視するとともに、マイニングされた仮想通貨を特定することを義務付けるものです。

「米国の競争力を強化するためには、仮想通貨が世界経済の中で果たしている役割や、他国でどのように活用されているかを政府が把握する必要があります。アーンスト上院議員と協力して、財務省がサプライチェーンへの影響を含めて、仮想通貨の利用状況を把握できるようにすることができて嬉しく思います」とハッサン上院議員は説明しています。

しかし、中国の仮想通貨取り締まりがもたらした影響は、これだけではありません。デジタル資産に特化したコンサルタントであるMichael Rauchs氏は、中国当局が仮想通貨市場に対して課した厳しい規制の効果を肯定的に捉えています。

中国の取り締まりの効果は、世界中でのハッシュレートの地理的分布の増加であり、これはネットワークセキュリティとビットコインの分散型原理にとってポジティブな展開と考えることができます」とRauchs氏は述べています。最新の仮想通貨ニュースと仮想通貨の最新情報は、BTC Postでご確認ください!

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 19,461.19 2.48%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,061.36 5.28%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.27%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.18%
  • bnbBNB (BNB) $ 213.26 2.41%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.01%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.319942 2.58%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.450332 2.99%
  • solanaSolana (SOL) $ 31.89 8.16%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.065442 1.22%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。