ニュース

ウズベキスタン、太陽光発電による仮想通貨マイニングにゴーサイン

uzbekistan banner crypto image main

ウズベキスタンは、2022年5月4日に発表された大統領令を受けて、地元企業が太陽エネルギーを使って仮想通貨をマイニングすることを許可したと報じられています。これとは別に、政令で示されているように、すべての国内および外国の仮想通貨企業は所得税が免除されることになります。

大統領令を通じて、タシケント政府は仮想通貨マイニング企業に対し、デジタル資産をマイニングするためのエネルギーを利用する手段として、ソーラーパネルを設置するよう促しています。しかし、代替案として、通常の2倍の価格を支払えば、マイニング企業は送電網に接続することができます。

現地の仮想通貨マイニング企業はすべて、国境内で機能するための特別なライセンスを取得する必要はありませんが、Uzbek National Agency for Perspective Projectsという新しく設立された政府機関に登録する必要があります。

新政令は、現地の仮想通貨マイニング企業に対し、コスト削減のために代替エネルギー源を選択するよう促しています。これらの企業はまだ国の電力網に接続することが許可されていますが、価格の2倍の料金が課されることになります。また、需要のピーク時には、より高い料金が課されることになります。

ビットコイン、イーサリアム、カルダノなどの仮想通貨は、プルーフ・オブ・ワークやプルーフ・オブ・ステークといった合意形成メカニズムによってマイニングされるため、高いエネルギー消費が必要とされるため、規制が課されることになります。

同国では2018年にデジタル資産が合法化されましたが、国内の取引所のみが対象でした。しかし、2019年後半になっても、居住者がデジタル資産を購入することは禁止されていました。これは、仮想通貨を販売することを妨げなかったので、それは合法的なままでした。

カザフスタンなどの近隣諸国は、仮想通貨マイニング企業が石炭発電所によって供給されている電力網に負担をかけたことを受け、すでにマイニング事業を取り締まりました。

同国は、企業が操業を開始する30日前に、業界のエネルギー使用量に関する報告義務を課しています。さらに、彼らはまた、彼らの主張のために、太陽光発電所や風力発電所などの持続可能な再生可能エネルギープロジェクトを先導しています。

さらに、カザフスタンの違法な仮想通貨マイニング事業は、67,000以上の機器を押収した金融監視庁が主導する捜査によって閉鎖されました。また、同国に拠点を置く暗号鉱山の価格引き上げと増税の提案もなされています。BTC Postを閲覧しながら、ウズベキスタンとカザフスタンの仮想通貨ニュースについてもっと知りましょう!

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 17,209.14 2.28%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,281.87 4.33%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.01%
  • bnbBNB (BNB) $ 290.07 2.32%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.04%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 0.999679 0.04%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.392199 0.95%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.098495 2.53%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.314369 1.67%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 0.925077 3.93%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。