ニュース

イーサリアムのロシア人創業者ブテリン氏がウクライナを支援

russian ethereum banner founder

ロシア出身のイーサリアム共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、昨年2月24日にプーチン大統領が旧ソ連国への「特別軍事作戦」を発表した後、Twitterでロシアのウクライナ侵攻に露骨に反対意見を述べています。

その後、ロシアとプーチンを非難し、ロシアによるウクライナへの敵対行為の停止を求めるツイートを公開し、異論を唱えました。

また、その後も、現時点での最優先事項は、ウクライナだけでなく、プーチンの「Zゾンビ政権」の一員となることを拒否するロシア人やベラルーシ人を支援することであるとツイートしています。

プレスタイムの時点では、ロシアのユーザーやウォレットアドレスに関わる禁止措置について、イーサリアムからの発表はありません。しかし、このことは、ブテリン氏が対立する国の間で起きている政治的不安に対する批判を噴出させることを止めませんでした。

「リマインダー:イーサリアムは中立ですが、私は中立ではありません」とブテリン氏はロシアに関するツイートのフォローアップとして述べています。

これにはツイッター界から賛否両論の反応があり、多くの人が彼に「暗号通貨に専念しろ」、「政治は専門家に任せろ」と呼びかけました。

反応を示した人の中には、(ブテリン氏が)ロシアにルーツがあるにもかかわらず、ロシアとプーチンを扱き下ろした彼を裏切り者呼ばわりしたものもいました。これに対して、イーサリアムの共同創設者は、中国語で書かれた、大まかに訳すと次のような返答をしました。

「真の愛国心は、時に自分の国から出てくる悪と戦うことを必要とする。それが自分の国がより美しい場所になるための方法だ」。

バイナンスの創設者である暗号通貨業界の巨人、Changpeng Zhao氏だけでなく、複数のソーシャルメディアオブザーバーが、ロシア生まれのイーサリアム共同創設者を持つ世界は幸運だとブテリン氏を支持しました。

ブテリン氏はロシアで生まれましたが、6歳の時にカナダに移住しました。

最近、米国の政権と議員は、ロシアベースのアカウントで発生する可能性のある違法な取引に対する規制を強化するよう、暗号通貨業界に対して要求しました。このため、Coinbaseを含むいくつかの取引所がこの地域の規制を開始しました。

現時点では、Coinbaseは彼らのプラットフォーム上で25万人のロシアのアカウントを停止しています。一方、Visa、Mastercard、American Expressは、同国での業務を完全に停止しています。

ロシアはウクライナへの弾圧を続け、キエフの街の人口の約半分が安全な場所に避難するという危機にさらなる紛争を送り込んでいます。戦闘が激化して以来、200万人以上が首都を離れました。ロシアとウクライナの危機に関する暗号通貨ニュースの詳細な更新はBTC Postで知ることができます。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 19,429.81 3.25%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,058.56 6.3%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.02%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 0.999337 0.16%
  • bnbBNB (BNB) $ 210.96 4.25%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.42%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.318929 3.5%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.451734 3.73%
  • solanaSolana (SOL) $ 31.80 9.76%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.065165 0.57%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。