ニュース

ホワイトハウスが仮想通貨に関する大統領令を準備中

white house crypto ex banner main

「ホワイトハウスの計画に詳しい」とされる関係者によると、バイデン政権下のホワイトハウスは、仮想通貨に対する国の行動について、今後数週間のうちに命令を出す準備をしていると報じられています。

今度の大統領令は、連邦政府機関にビットコインやその他のトークンなどの仮想通貨に関するリスク分析を行わせるものだと言われています。「これは、デジタル資産を総合的に検討し、政府がこの領域で行おうとしていることに一貫性を与える一連の政策を策定するためのものです」と、この情報筋は述べています。

分散型ブロックチェーン技術には、地域固有の規制を回避する方法を見つける能力があるため、米政権は他の国々と同期した規制を決定する可能性があります。その結果、仮想通貨、ステーブルコイン、ノンファンジブルトークン(NFT)など、すべてのデジタル資産をカバーする規制の枠組みができるかもしれません。

今度の大統領令は、仮想通貨が国家安全保障上の脅威であるという所見に該当すると言われています。これは、政府機関が、デジタル資産がお金を移動させるための境界ツールとなり、したがって不正に使用される可能性があることを発見したためです。

メディアコングロマリットであるブルームバーグのシニアマーケットアナリストであるEric Balchunas氏は、先週金曜日のツイートで、このニュースを「より広範な仮想通貨の取り締まり」として言及しました。彼は、ビットコインスポーツの上場投資信託(ETF)が常に拒否されるのは、仮想通貨を国家安全保障上の脅威とするホワイトハウスの見解によるものかもしれないと述べました。

1月25日、下院民主党はAmerica COMPETES Actと呼ばれる仮想通貨産業に関する法案を提案しました。この法案には、財務長官がプラットフォームへの事前通知なしに、仮想通貨取引所のサービス提供を禁止できるようにする条項が含まれています。

非営利の仮想通貨研究・擁護センターであるコインセンターのエグゼクティブディレクターであるJerry Brito氏は、先週火曜日にこの法案に関するツイートを投稿しています。同氏は、この規定は一般的なプロセスを踏まなければならないため、仮想通貨とプライバシーにとって悲惨なことになると述べています。

さらに、「特別措置」は、財務長官に、取引所やその他の金融機関が仮想通貨関連の活動を行うことを禁止するための無制限かつ一方的な権力を与えると言われています。

一方、仮想通貨業界の専門家からは、インフラ法案のデジタル資産に関する部分を明確にするよう嘆願が相次いでいます。ジャネット・イエレン財務長官は、彼らの「ブローカー」の定義の論争にまだ反応していません。下院議員の超党派グループは、インフラ法案の「ブローカー」の意味が広すぎるため、範囲を狭めるべきだと述べました。これは、仮想通貨のような送信者と受信者の情報を提供する必要がないブローカーがあるため、混乱を生じないようにするためです。

BTC Postで仮想通貨のニュースと最新情報をもっと読む!

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 19,013.10 0.23%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,326.79 0.49%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.29%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.2%
  • bnbBNB (BNB) $ 273.10 0.32%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.446665 4.51%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 0.998673 0.15%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.441978 0.41%
  • solanaSolana (SOL) $ 32.82 0.56%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.060439 0.43%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。