ニュース

WhiteBITのレビュー:注目する価値はあるか?

whitebit review banner

WhiteBITはウクライナ発のヨーロッパ最大のクリプト・ツー・フィアット取引所で、2017年にリリースされて以来、そのユーザーベースは急速に拡大しています。さまざまな取引ツールと最高級のセキュリティ対策を特徴とし、暗号資産投資家にとってより良い取引体験をお約束します。

そのため、このプラットフォームは暗号資産業界への新規参入者がアクセスしやすく、簡単にナビゲートするインターフェイスを備えています。この新しい取引プラットフォームがあなたの取引にどう役立つか見極めるために、製品の概要からその長所と短所に至るまでWhiteBITについての詳細をBTC Postでご覧ください。

White BIT取引所とは?

WhiteBITは、エストニアに拠点を置く分散型暗号資産取引所です。従来の暗号資産取引に限定されないユニバーサルなプラットフォームで、ユーザーは使いやすさを維持しながら、スポット取引やマージン取引を行うことも可能です。

その使い勝手の良さは、メールアドレスとパスワードを入力してWhite BITに登録するだけで、すぐに実感することができます。

さらに、その成功の要因の1つは、暗号資産と通貨ペアの幅広い選択肢にあります。ビットコイン、イーサリアム、リップルなどの有名なトークンからあまり有名でないオプションまで、サイトの400以上の通貨ペアのコレクションでそれを見つけることができる可能性が高いです。

また、他の取引所とは一線を画す様々なユニークな商品と機能を備えています。これには、デモトークン、スマートステーキングなどが含まれています。

WhiteBIT取引所の発祥国はウクライナです。2018年に一般に公開され、Vladimir Nosovによって設立されました。今日では、150カ国以上で利用でき、250万人以上のユーザーを集めているので、ヨーロッパで最大の暗号資産取引所と考えられています。

本稿執筆時点では、CoinrankingによるとWhiteBITの取引所ランキングは60位で、1日の取引量は15億1000万ドルに達しています。

WhiteBIT取引所:長所と短所は?

市場を見渡しても完璧な暗号資産取引というものはないので、プラットフォームがあなたの基準に達しているかどうか、あなたから見た長所と短所を比較検討できるのはあなた自身だけです。WhiteBITの長所と短所をチェックし、あなた専用の暗号資産取引プラットフォームとして何を期待するのか考えましょう。

長所短所
信頼性の高いセキュリティコールセンターがない
24時間365日対応のカスタマーサービスラーニングポータルがない
初心者にもやさしいレイアウト
パッシブインカムオプション
豊富な暗号資産の選択肢
高い流動性

WhiteBITの使い方は?

WhiteBITはより良い取引経験をお約束し、ユーザーのために様々な世界クラスの取引オプションを提供しています。このまま読み進めて、それぞれの詳細について確認し、なるべく早く取引を開始してみましょう。

先物取引

2022年第2四半期、WhiteBITはモバイルアプリとウェブサイトの両方で先物取引を可能にしました。ここでは、ユーザーが将来、所定の価格で暗号資産を購入することを記載した無期限契約が関与してきます。

このタイプの取引は、従来の市場で起こる未来の取引からヒントを得ています。先物取引は、資産を所有するのではなく、ユーザーが将来の暗号資産の価格を推測することを可能にします。

さらに、先物取引では、取引所そのものではなく、ユーザー同士がお金を出し合うことになります。

サイト上で最初に利用可能な将来の通貨ペアはBTC-PERPでした。しかし、今日では、次のペアが含まれています。

  • ETH-PERP
  • SOL-PERP
  • ADA-PERP
  • XRP-PERP.

最後に、これらの契約には有効期限がなく、暗号資産市場でレバレッジを得るために行われます。

マージン取引

WhiteBITには、十分な資金がなくても取引にレバレッジをかけることができる信用取引オプションも用意されています。この場合、ユーザーはブローカーから資金を借りてレバレッジをかけ、取引を行い、驚くべきリターンを得る可能性があります。

幸いなことに、WhiteBITは初心者にもベテランにも、簡単にサイトを利用できるため、使い勝手の良さは評判となっています。取引ページから希望するレバレッジを選択し、その手数料などの追加情報をチェックすることができます。また、取引前に取引の潜在的な利益を計算する便利な計算機能も備えています。

しかし、市場の結果に関係なくブローカーに返済しなければならないので、それなりのリスクは伴います。WhiteBITでは、1倍、2倍、3倍、5倍、10倍、20倍のレバレッジで取引でき、借入資金を使用する場合の手数料は0.098%です。

スポット取引

ユーザーが将来の資産価格を予測する先物取引とは異なり、スポット取引は現在に焦点を当てます。この取引オプションでは、ユーザーは現在の価格に基づいて希望する暗号資産を購入することができます。

これは、即座に取引できるため、買い手と売り手の両方に満足のいくサービスを提供します。これは最も一般的な取引方法の一つですが、幸いなことに、WhiteBITはそのユーザーフレンドリーなインターフェイスなので、ユーザーに苦労を強いることはありません。

最後に、WhiteBITは様々な暗号資産に注目する最初の取引所の1つとしても知られています。その代表的な例が、まだ新しい暗号資産であったWhiteBIT Safemoonのサポートを開始した2つの取引所のうちの1つであったときです。

Bitcoin Global P2P取引所

P2P取引に関しては、WhiteBITにはBitcoin Globalという専用プラットフォームがあります。WhiteBITのプロフィール上に新しいアカウントを作成する必要がありますが、その後、他のユーザーと直接取引を開始することができます。

このP2P専用プラットフォームでは、ユーザーは自分が売ろうとしているものにオファーを出すことができます。買い手は、プラットフォーム上のフィルタオプションを使用して、選択肢を絞り込むことができます。この方法で、買い手はどの暗号資産を好むか、そして、取引の場所、希望する支払い方法を選択することができます。

P2Pは、主に取引手数料が無料であるため、素晴らしい取引オプションです。これは、ユーザーが暗号資産を取引するために生成し、お互いに送信することができるWhiteBITコードのおかげです。

P2Pは2人のユーザー間でのみ行われるため、その信頼性に疑念を抱かせる可能性があります。幸いなことに、WhiteBITはこの問題を解決するために、取引された資産をエスクローでロックし、BinanceのP2P取引所と同じ技術で不正な取引を回避することができます。

基本的な取引

WhiteBIT取引所の長所の1つは、初心者に優しいインターフェイスで、これは取引所のウェブ版の基本的な取引のインターフェイスで全容が紹介されています。

このページでは、特定の通貨ペアについて、そのチャート、履歴、オーダーブックなど、トレーダーが知る必要のあるすべての情報を表示します。そこから、シームレスに他のペアに切り替えて同じ情報を見ることができます。

しかし、このインターフェイスの最大の目玉は、チャートの下にある売買ブロックです。そこからユーザーは6つの取引注文の中から1つを選び、利回りを記入し、希望する資産額と価格を入力することで申し込みを確定させることができます。

WhiteBITの特徴は?

2018年の発売以来、WhiteBITはヨーロッパで2つのライセンスを取得して運営を規制しており、暗号資産取引のあらゆるニーズに対応する信頼できる取引所となっています。その正当性はもちろんのこと、ユーザーの暗号資産取引の旅路を手助けする様々な製品を期待することができます。

さらに、これらの追加的な製品は、WhiteBIT を今日利用されている他の取引所から際立たせるものとなっています。WhiteBITの商品についてより学ぶために、それぞれの商品について簡単にリストアップしてみました。

デモトークン

WhiteBITをユニークにしている特別な機能の1つは、そのデモトークンです。WhiteBITのデモトークンは、初心者が取引所サイトで暗号資産を取引するのがどんな感じなのか体験することができるトレーニングツールと考えることができます。これらのトークンは無料で、取引がどのように行われ、取引所全体が何を提供しているかに慣れるために使用することができます。

これらのデモトークンはWhiteBIT Codesセクションで見ることができ、それぞれBTCとUSDTのデモバージョンであるDBTCとDUSDTで表現されています。これらを手に入れた後、ユーザーはBasicまたはPRO TradeセクションのDBTC-DUSDTペアを介して取引を開始することができます。

スマートステーキング

暗号資産を所有する最も良いことの1つは、受動的な収入を得ることができることです。スマートステーキングと呼ばれるWhiteBITのステーキングプログラムを通じて、ユーザーはこれを行うことができ、投資家に高金利のリターンを提供することができます。

ここでは、ユーザーは暗号資産レンディングのページにあるスマートステーキングプランのいずれかに資金を預けることができます。これらのプランは、使用される暗号資産の種類、必要な入金範囲、プラン終了後に得られる金利によって異なります。

さらに、プラン自体の期間も選べます。10日間から360日間の預け入れのどちらかを選択することができます。暗号資産を長く賭けるほど、金利は高くなります。

さらに、この機能の素晴らしいところは、強制的に資金制限することがないことです。いつでも好きな時に資金を引き出すことができ、すぐに残高に戻ります。ただし、これをやっても利益は出ません。

取引コンテスト

WhiteBITは、定期的に取引コンテストを開催することで、ユーザーを楽しませています。

長年にわたり、これらのコンペティションは人気を博し、WhiteBITモバイルアプリに独立したセクションを持つようになりました。これらのコンペティションは、しばしばサイト上の新しい暗号資産プロジェクトとの提携で開催されています。

ほとんどの場合、これらのコンテストは、ユーザーが特定のペアで最大の取引量を作ることを要求することによって、彼らが暗号資産取引のスキルを披露するのを見ることができるでしょう。優勝した人には、そのプロジェクトの暗号資産でランダムに報酬が与えられます。 

この機能は、ユーザーが無料で暗号資産を獲得し、その過程で取引スキルを磨くことができる素晴らしいものです。

紹介プログラム

WhiteBIT を友人と共有することを奨励するために、この取引所サイトでは紹介プログラムを提供しています。このユニークな機能により、ユーザーは、紹介者が支払った取引手数料の40%を得ることができます。

この方法は、独自の紹介リンクを共有することで行われます。最低条件に達すると、紹介者に一定額の収入が与えられます。ユニークなリンクが使用されるほど、潜在的な収入は高くなります。

また、このサイトでは、ユーザーの計算機能を使って、紹介料がいくらになるかを調べることができます。

WhiteBITと他の取引所の比較 

長年にわたり、暗号資産投資家に導入されたいくつかの取引所があり、いくつかは他のものよりシンプルに優れています。WhiteBITと他の類似の取引所との比較を以下でご覧ください。

WhiteBITとBigOneの比較

取引手数料に関しては、BIGONEがWhiteBITに最も近い金額を提供しています。WhiteBITの基本取引手数料が0.0004mBTCであるのに対し、前者は0.0005mBTCと控えめな手数料となっています。

取引に関しては、BigOneはWhiteBITと同様のオプション、すなわち無期限先物とスポット取引があります。しかし、WhiteBITは、そのユーザーフレンドリーなサイトにより、この2つのオプションをより良く提供しています。

WhiteBITとFTXの比較

一見すると、FTXはすでに100以上のスポット取引ペアをサポートし、いくつかの通貨ペアをサポートしているように見えるかもしれません。しかし、それはWhiteBITの400以上のペアのほんの一部であり、この2つでは、より多様な取引プラットフォームとなっています。

テイカーとメイカーの手数料に関しては、FTXはWhiteBITよりわずかに有利です。しかし、両者のわずかな差に目をつぶれば、特に多様な取引プラットフォームであることに関しては、WhiteBITに期待することができます。

WhiteBITとLbankの比較

WhiteBITと比較できる最も近いプラットフォームの1つがLBankで、これは両取引所のテイカーとメイカーの手数料がともに10%であることから、特にそう言えるでしょう。入金方法については、FTXがクレジット取引しかできないのに対し、WhiteBITは電信送金とクレジット取引の両方をサポートしているため、WhiteBITは最高位に君臨しています。

WhiteBITのウェブデザイン

WhiteBITは、初心者でも利用しやすいように、わかりやすいウェブデザインを採用していることが広く評価されています。同取引所のサイトによると、暗号資産コミュニティを拡大するために、分かりやすく使いやすいプラットフォームを作ったとのことです。

ウェブサイトや専用モバイルアプリを見ると、すべての取引オプションがきちんとセクションに分けられているため、いかにユーザーフレンドリーであるかにすぐに気づくでしょう。デザインは、黄色、白、黒のシンプルな色使いが特徴です。

さまざまな取引オプションのほか、貸出プログラム、スマートステーキング、紹介プログラムなど、ウェブサイトならではの機能も紹介されています。

WhiteBITを使うべきか?

つまり、WhiteBITは様々な取引オプションとユニークな機能で満たされた信頼できる暗号資産取引所であり、すべてのユーザーが様々な方法で利益を得られることは間違いないでしょう。投資家が先物取引に従事できるようにすることから、トークンを賭けることで投資家にインセンティブを与えることまで、この取引所ではすべてを行うことができます。

結論として、これらの素晴らしい機能と製品が、使いやすいウェブサイトとモバイルアプリにまとめられているため、初心者にもベテランにも親しみやすい取引所となっています。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 16,573.79 0%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,218.84 0.03%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.06%
  • bnbBNB (BNB) $ 314.63 0.6%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.06%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.11%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.403202 1.29%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.098242 6.12%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.318503 0.05%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 0.859369 0.27%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。