ニュース

トレーダーによるXRPが高値と安値に達する

xrp highs low png

リップルは、XRPの価値が昨年2月1日に50%に急上昇した後、米国証券取引委員会(SEC)の訴訟によって引き起こされた損失を取り戻すことができたが、 Redditトレーダーによる「買入と保有」スキームの実行により、わずか数時間で再び下落した。

週末に、アマチュア投資家がr / SatoshiStreetBetsとr / WallStreetBetsのRedditディスカッション掲示板に殺到した結果、XRPの価値を2月1日月曜日に 0.28ドルから0.58ドルに達するまで上昇させた。これは、1月末にGameStop株が急上昇した後、XRPがボード上でトレンドになった後に続いた。

しかし、「買入と保有」スキームの後、XRPの価格は同じ日に17.14%急落した。コインマーケットキャップによると、アルトコインは時価総額160億ドルで4位に後退した。

リップルはハードルにもかかわらず楽観的であり続ける

昨年12月、SECは、リップルラボとその経営陣がライセンスのない証券をXRPの形式で販売したことを提訴し、その価格を70%以上急落させた。

ただし、SECが仮想通貨を規制しようとしているにもかかわらず、リップルは2021年の軌道について依然として楽観的である。サンフランシスコに本拠を置く仮想通貨会社は、2020年の挑戦にもかかわらず、XRPは依然として規模を拡大し続けているとTwitterアカウントで声明を発表した。

「私たちは主要市場で顧客の成長とトラクションの増加を経験し、XRPコミュニティの開発者からの信じられないほどの革新を目の当たりにした。私たちのチームは引き続き顧客にサービスを提供し、インターネット上の情報と同じくらい効率的にお金が移動する価値のインターネットを実現するという私たちのビジョンを共有する業界のパイオニアと提携している」と、リップルのウェブサイトで発表された公式声明の中でBrad Garlinghouseは書いていた。

リップルは、顧客の「コスト削減」に役立つだけでなく、ビジネスの成長と拡大にも役立つ解決策を提供するために、製品の改善を継続することに焦点を当てていると主張している。

「顧客の関心は世界的に非常に強いままで/チームは、40か国以上で週2回の割合で新規顧客取引を成立させ続け、そのうち18か国はリップルNetを初めて利用する。12月22日にSECがリップルを提訴したにもかかわらず、私たちは15の新規顧客と契約し、2020年の取引終了にこれまで以上に多くの顧客を獲得した」と声明は述べていた。

彼らによると、リップルはこの勢いを利用して前進し、成長するコミュニティにサービスを提供し続ける。さらに、Garlinghouseは、会社が新年とそれがチームにもたらす可能性のある機会を受け入れる準備ができていると主張している。

この声明に加えて、リップルは公式Twitterページで新しいベータサービスであるクレジットラインのの開始を発表した。これにより、オンデマンド流動性(ODL)の顧客は、XRPを使用して国境を越えた取引を即座に開始できる。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 16,818.05 0.05%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,232.34 0.22%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.04%
  • bnbBNB (BNB) $ 284.60 0.2%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.03%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.387254 2.04%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.096297 0.04%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.310418 0.15%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 0.891621 0.62%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。